グンブロ広告

ビジネスライセンス料  3,000円/月

飲食関連事業用 ライセンス 毎日1セット広告  1,600円/月

お問い合わせは、 info@gunmawen.net

本広告は、30日以上記事の更新がされませんと自動的に掲載されます。 記事が更新された時点で、自動的に破棄されます。  

Posted by 株式会社 群馬webコミュニケーション at

2018年05月12日

成果発表大会も盛況に終了

第45期マーケティングプランナー養成特別講座(通称MP講座)の成果発表大会でした。
約4ヶ月間の講座の最後のプレゼンテーションです。
1人10分をフルに使った素晴らしい内容でした。


今回も受講生のテーマは多様で、ドキドキ、ワクワクの発表大会。
さらに、アドバイザー4名の成功事例のプレゼンも行いましたが、
流石、日頃のマーケティング活動の中で磨かれた実績は、
大変参考になるものでした。

全員笑顔の修了式です。

  


2018年03月18日

製造業のためのマーケティング

新潟県燕三条市で製造業のためのマーケティング勉強会がスタートしました。


製造業はモノをつくるのは得意ですが、
多くの企業は、自社がつくれるものを開発します。
ゆえに、売れなくて困るということに至ることが多くあります。

製造業でもマーケティングに着手すれば、
モノは売れます。
つまり、顧客のニーズに基づいた製品の開発を進めることが重要です。

今回は、モノづくりに必要なコンセプトについて解説し、
製品開発の手法についてワークをして体験していただきました。

体験して初めて気づきます。

無数にでるアイデア発想の中から、
どれを選び試作するのか・・・・

これが大変であることが分かった時、
売れる製品が完成します。  


Posted by 増販増客 at 22:13Comments(0)売上増のセミナー&勉強会

2018年02月25日

群馬企画塾2月勉強会

2月のマーケティング勉強会は「ロードマップ」の作成でした。


事業を進めるのに、事業の計画を作成するのは当たり前のことですが、
いざ作ると言ってもそう簡単に作成できるものではありません。

そこで登場するのが「ロードマップ」です。
建築には図面があります。
航海には海図があります。
それらと同様の考え方です。

目的地が決まれば、
あとは、地図を使ってどのルートで行くのか決めるだけです。

事業の進む道筋を図にすることで、
地図と同様分かり易くなります。

事業計画を作成する前に、
まずはロードマップで成功の道筋をイメージして見てはいかがでしょうか。

年に一度はロードマップを作成し、自社の方向性を明確にすることをお勧めします。

  


Posted by 増販増客 at 22:30Comments(0)売上増のセミナー&勉強会

2018年02月13日

シルクPギフトショーで商品発表

2月7日~9日にかけて「ギフトショー2018年春」が開催。


当社は、シルクプロジェクトの製品発表のために、
ブース出展してきました。
今回は、群馬県内の織物事業者17社が事業に参加して、
シルク製品の開発に取り組みました。


3日間多くのバイヤーさんがブースを訪れて、
多くの事業者さんと商談に繋がりました。





  


2018年01月28日

今年初めてのマーケティング勉強会

群馬企画塾の1月の勉強会は、
調査の分析手法を学ぶ「SWOT」分析でした。

自社の戦略を考える場合には、
自社が今どの様な状態なのかを明確にすることが需要です。
自社調査、競合調査、顧客調査、
そしてマクロ環境調査の切り口から集めた情報をSWOT分析で整理します。

そうすると、自社が今抱える課題が明確になり、
何をすべきなのかが何となく見えてきます。

それが非常に重要であり、
そのために使うツールが「SWOT分析」なのです。


そして、事業を進めていくための「コンセプト」と「ターゲット」を導き出します。

今回も短い時間ではありましたが、皆さんいろんな視点からまとめていただきました。
改めていろんな見方、考え方があることに気づかされた勉強会です。

  


Posted by 増販増客 at 15:01Comments(0)売上増のセミナー&勉強会

2018年01月08日

第44期MP講座成果発表大会

(株)企画塾主催の第44期MP講座の成果発表大会が終了。


3ヶ月間取り組んだ企画のプレゼンです。

最優秀成果賞は、京都の川嶋さん、
優秀成果賞は、東京の羽賀さん、
最優秀プレゼン賞は、東京の山口さん、
優秀プレゼン賞は、新潟の斎藤さん、京都の川嶋さんでした。


それにしても皆さん素晴らしい発表でした。
本当にお疲れ様!!  


Posted by 増販増客 at 21:41Comments(0)売上増のセミナー&勉強会

2017年12月24日

今年最後のマーケティング勉強会終了

2017年最後の群馬企画塾の勉強会を開催しました。


参加者には、塾生の成功事例も掲載した、
出来立てほやほやの2018年度版増販増客実例集をプレゼント。


多くの塾生がマーケティング勉強会で学んで、
大きな成果を出していることをとても嬉しく思います。

学び、実践した人のみにもたらされるご褒美です。

2017年は、群馬マーケティングセンター設立10周年記念セミナーと
交流会を開催した年で、大変記憶に残る年となりました。
お蔭様で、群馬企画塾の会員も増加し、
勉強会のみならず交流会も大変盛り上がっています。


2018年は群馬企画塾開塾10周年になります。
また記憶に残る面白い企画を計画中ですので、
どうぞご期待ください。

来年も宜しくお願いします!!  


Posted by 増販増客 at 23:10Comments(0)売上増のセミナー&勉強会

2017年11月26日

マーケティング勉強会盛況!

11月群馬企画塾の月例会。
今回は効果的なプレゼンテーションについての勉強会でした。
僅か15分でプレゼン原稿を作り、
皆さん素晴らしいプレゼンを行って頂きました。
マーケティングを学ぶ人のポテンシャルは高いですね。


  


Posted by 増販増客 at 22:50Comments(0)売上増のセミナー&勉強会

2017年11月19日

サービスのレベル

先日あるお店で、
サプライズのサービスを受ける機会がありました。


「何時の間に会社名が分かったのだろう。」

その時は本当に驚きましたが、
よくよく考えてみると、
会話の中でヒントとなるキーワードを発していたことを思いだします。

キーワードを引き出すことができれば、
あとはネット上で、点と点を結びつけるだけです。
今の時代、
初めて出会ったこの人が誰なのかを言い当てるのは、
さほど難しくないのかも知れません。


「期待以上のサービス」は、驚きと感動を与えてくれます。
しかし「期待」とはお客様一人一人違いますので難しいものです。


では、どうやってお客様の「期待」を知るかです。

お客様が求めるサービスの期待を想像することです。
その期待に応えるために何をすべきか考えるてみることです。
そして、その期待を提供してみることです。
その繰り返しがサービスレベルを向上させてくれます。
そしてお客様の期待が分かるようになったら、
期待以上のサービスを考え、心がけ、試してみることです。

それができるのは、
どれだけその人に関心を持ち寄り添う心がもてるかだと思います。

今回のサービスが生まれたのも、
寡黙な私が(笑)、
話をしたくなる会話をしてくれた、
スタッフの「ホスピタリティ」があったからかも知れません。  


Posted by 増販増客 at 16:43Comments(0)徒然

2017年11月12日

おもてなし規格認証について

「おもてなし」についてお話しする機会が多くなってきています。
そこで、最近のおもてなし情報について少し触れてみます。


経済産業省は「おもてなし規格認証」制度を昨年の8月よりスタートしました。
しかし、この情報を知っている人はごく一部に過ぎません。
何故なら、規格認証制度の価値について説得性がないためです。
一般的には効果が分からないものは、普及しにくいと言った方が良いかも知れません。

しかし、上手く活用すれば、企業としては良い経営に向かっていきますので、
検討されても良いのではないかと思います。

そこで、少し「おもてなし規格認証制度」について私なりの見解をお話しいたします。

そもそも「おもてなし」という言葉が注目されたのは、
アルゼンチン・ブエノスアイレスの2020年東京オリンピック開催地を決めるプレゼンテーションで、
滝川クリステルさんが使ったことが発端となっています。

またインバウンドの環境も大きく変化したのもこの時期からです。
2013年、国内の訪日外国人旅行者数が初めて1,000万人を超え、
2014年は、1,341万人、2015年は1,973万人、2016年は2,403万人となりました。
当初政府は、2020年までの訪日外国人旅行者目標を2000万人としていましたが、
2015年の勢いを感じた時に、4000万人に目標を変更した経緯があります。

そして、この機を捉えようと、
国は「おもてなし」というキーワードを使った施策を打ち出すようになりました。
「おもてなし企業選」もその一つと考えられます。
そして昨年出来上がった施策が「おもてなし規格認証制度」です。

この制度の目的は、
日本のGDPの約70%を占めるサービス産業が、地域雇用を生み、地域に住む人々の暮らしを支える経済の柱にも拘らず、事業者が高品質なサービス提供を行っても、それを付加価値として価格に転嫁しづらい現状にあります。
そこで、顧客満足・従業員満足・地域社会の満足という3つの視点からサービスの質を評価し、サービス品質を「見える化」することで、店舗や事業所の取り組みを周囲にアピールすることができ、従業員の意識の向上や働きがいにも繋がっていくことで、サービス産業の質的向上や地域経済の活性化を図ることを狙いとしています。

私は、この制度の価値を求めるのではなく、
この制度を活用して企業が良くなることを期待したいと思います。

詳細はネットで調べていただくと分かりますが、
規格認証には「紅認証」、「金認証」、「紺認証」、「紫認証」があります。
ネットで取得できる「紅認証」は、群馬県で524件の事業者が登録されています。
多いように見えますが全国的には決して多いとは言えません。
そして、金認証、紺認証、紫認証はまだ1社もありません。

いかがでしょうか。
どう活かすかは自社で検討してみると良いでしょう。
いずれにしても「おもてなし」のサービスは業種限らず大切です。



  


Posted by 増販増客 at 17:01Comments(0)徒然