2018年12月30日

年末年始の慣例ってどうなの?

各企業とも仕事納めとなり、もうすぐ2018年が終わろうとしています。
ここでいつも不思議に思うことがあります。

企業が行う慣例です。
年末が近づくと始まるのが「お歳暮」と「カレンダー」配りです。
それが終わると、年始に向けた「年賀状」づくり。そして、年始になると「年賀タオル」の配布です。

中小企業や特に個人事業主などは、年間を通して販売促進を殆どやっていないところが多く、
どうやって営業をしたら良いか分からないとか、
どの様に販路開拓をしたら良いか分からない、
という相談が多くあるのですが、
何故か、これだけは無意識に行っています。
それも、お金をかけて・・・。

目的は、
感謝? 効果? 風習? 伝統? 営業?・・・

目的は明確になっていますか?
社員全員が共通の認識でいますか?

一年の御礼や一年のスタートの挨拶だとしても、
多くの目的は、取引を次に繋げるために行っているのではないでしょうか。
引き続き協力していただくためにお届けしているのではないでしょうか。
リピートしてくれるためにサービスしているのではないでしょうか。


無意識に配っている。
不在時は届けるだけ。
担当件数をとにかくやる。

などという人が多いことに大変驚きを感じます。


バブル期のように儲かっているから、節税対策だからなどと理由があっての配布であれば問題はないでしょう。
しかし、私がお見受けするところ、
経営が芳しくないのに、むやみに配っているところが多いように感じます。

これって、どうなんでしょうか。
毎年やっているから、
先代からの習わしだから、
他もみんなやっているから・・・・。


では、どれだけ受っとった人は有難みを感じているのでしょうか。
感謝しているのでしょうか。
記憶に留めているのでしょうか。

配るのであれば、効果的な配り方をした方が良いと思います。
事業にプラスになる配り方をすべきだと思うのです。

財務の専門家ですら、
経営が厳しい顧問先から全て受け取っていることに違和感を覚えます。
受け取らないか、止めさせるか、配る最適な方法の助言をすべきでしょうね。

2019年は平成が幕を閉じます。
新たな時代に向けて、慣例化を再検討してみてはいかがでしょう。
もう時代は目まぐるしい速さで変化しています。
変化に対応できる企業しか生き残れないと思います。  


Posted by 増販増客 at 22:01Comments(0)徒然

2017年11月19日

サービスのレベル

先日あるお店で、
サプライズのサービスを受ける機会がありました。


「何時の間に会社名が分かったのだろう。」

その時は本当に驚きましたが、
よくよく考えてみると、
会話の中でヒントとなるキーワードを発していたことを思いだします。

キーワードを引き出すことができれば、
あとはネット上で、点と点を結びつけるだけです。
今の時代、
初めて出会ったこの人が誰なのかを言い当てるのは、
さほど難しくないのかも知れません。


「期待以上のサービス」は、驚きと感動を与えてくれます。
しかし「期待」とはお客様一人一人違いますので難しいものです。


では、どうやってお客様の「期待」を知るかです。

お客様が求めるサービスの期待を想像することです。
その期待に応えるために何をすべきか考えるてみることです。
そして、その期待を提供してみることです。
その繰り返しがサービスレベルを向上させてくれます。
そしてお客様の期待が分かるようになったら、
期待以上のサービスを考え、心がけ、試してみることです。

それができるのは、
どれだけその人に関心を持ち寄り添う心がもてるかだと思います。

今回のサービスが生まれたのも、
寡黙な私が(笑)、
話をしたくなる会話をしてくれた、
スタッフの「ホスピタリティ」があったからかも知れません。  


Posted by 増販増客 at 16:43Comments(0)徒然

2017年11月12日

おもてなし規格認証について

「おもてなし」についてお話しする機会が多くなってきています。
そこで、最近のおもてなし情報について少し触れてみます。


経済産業省は「おもてなし規格認証」制度を昨年の8月よりスタートしました。
しかし、この情報を知っている人はごく一部に過ぎません。
何故なら、規格認証制度の価値について説得性がないためです。
一般的には効果が分からないものは、普及しにくいと言った方が良いかも知れません。

しかし、上手く活用すれば、企業としては良い経営に向かっていきますので、
検討されても良いのではないかと思います。

そこで、少し「おもてなし規格認証制度」について私なりの見解をお話しいたします。

そもそも「おもてなし」という言葉が注目されたのは、
アルゼンチン・ブエノスアイレスの2020年東京オリンピック開催地を決めるプレゼンテーションで、
滝川クリステルさんが使ったことが発端となっています。

またインバウンドの環境も大きく変化したのもこの時期からです。
2013年、国内の訪日外国人旅行者数が初めて1,000万人を超え、
2014年は、1,341万人、2015年は1,973万人、2016年は2,403万人となりました。
当初政府は、2020年までの訪日外国人旅行者目標を2000万人としていましたが、
2015年の勢いを感じた時に、4000万人に目標を変更した経緯があります。

そして、この機を捉えようと、
国は「おもてなし」というキーワードを使った施策を打ち出すようになりました。
「おもてなし企業選」もその一つと考えられます。
そして昨年出来上がった施策が「おもてなし規格認証制度」です。

この制度の目的は、
日本のGDPの約70%を占めるサービス産業が、地域雇用を生み、地域に住む人々の暮らしを支える経済の柱にも拘らず、事業者が高品質なサービス提供を行っても、それを付加価値として価格に転嫁しづらい現状にあります。
そこで、顧客満足・従業員満足・地域社会の満足という3つの視点からサービスの質を評価し、サービス品質を「見える化」することで、店舗や事業所の取り組みを周囲にアピールすることができ、従業員の意識の向上や働きがいにも繋がっていくことで、サービス産業の質的向上や地域経済の活性化を図ることを狙いとしています。

私は、この制度の価値を求めるのではなく、
この制度を活用して企業が良くなることを期待したいと思います。

詳細はネットで調べていただくと分かりますが、
規格認証には「紅認証」、「金認証」、「紺認証」、「紫認証」があります。
ネットで取得できる「紅認証」は、群馬県で524件の事業者が登録されています。
多いように見えますが全国的には決して多いとは言えません。
そして、金認証、紺認証、紫認証はまだ1社もありません。

いかがでしょうか。
どう活かすかは自社で検討してみると良いでしょう。
いずれにしても「おもてなし」のサービスは業種限らず大切です。



  


Posted by 増販増客 at 17:01Comments(0)徒然

2016年12月13日

「観光立国の正体」を読んで

会社の読書感想文の担当になりましたので感想文を掲載します。

「観光立国の正体」 著者 藻谷浩介/山田桂一郎

 藻谷氏が数年前に出版しベストセラーとなった「デフレの正体」は、〝生産年齢の減少に原因がある“ということだったが、今回の「観光立国の正体」は、“地元のボスキャラに原因がある”という痛烈な批判をされていて面白かった。地元のボスキャラとは、寂れた観光地に君臨するエライ人のことを言っているが、新しいものを排除して旧態依然の体質を守る場所には、必ず存在する生き物である。

 このように本書は、日本の観光についての課題や問題点について厳しい指摘をしながら、真の観光立国にするためのヒントを、藻谷氏とスイス在住の観光カリスマ山田桂一郎氏によりまとめられたものである。

 山田氏は自分たちのライフスタイルがそのまま観光資源になるような「異日常」的な地域づくりが必要であると言っている。そして、物理的なキャパシティの中で売上と利益を伸ばすためには、客単価を引き上げることが条件になるため「時間消費」を促すことが大切であると。そして、そのためにはハイエンドの富裕層・知識層のお客様を積極的に取り込むことで、トップエンドを引き上げ市場全体へのシャワー効果を高め、頂上から裾のまで大きく広がるピラミッド型のマーケット形成を目指すことが市場拡大の最善策であると言っている。

 私も観光地での商品開発では、如何に高く売れる商品を作るかをテーマに取り組んでいるため、大いに共感するところであった。そして何より、日本の観光の問題点として「マーケティングの思想が欠けていること」という指摘である。

 今や国内旅行者だけでなく訪日外国人旅行者に向けても魅力ある商品・サービスを提供していく時代になっているため、マーケットインの視点をもつマーケティングの重要性はさらに高まってくると予想される。その意味では私自身の果たす役割は重く、地元のボスキャラに屈することなく、マーケティングを通して地域で希望をもって頑張る人をサポートしていくことが必要であると思った。  


Posted by 増販増客 at 12:00Comments(0)徒然

2016年12月10日

GMPAの称号を授与!

日本マーケティング・マネジメントマネジメント研究機構主宰、株式会社企画塾より、
GMPA(Grand Marketing Planner&Adviser)の称号をいただく事ができました。



約10年前にCTPTマーケティングと出会い、
MP(マーケティングプランナー)となり、
3年後アドバイザーを目指してMPA(マスターオブプランニングアドバイザー)となり、
今回名誉ある3人のGMPAの一人として称号を授与していただく事となりました。
本当に名誉のあることで、支えてくださった多くの人に心から感謝したいと思います。
さらに、この節目に高橋憲行塾長との共著での出版ができたことも感激で、
素晴らしい1年の締めくくりとなりました。



高橋憲行塾長をはじめとする多くの人に支えられてきた10年と痛感しています。
この恩に報いるためにもさらに一層の精進をしてゆきたいと思います。

今後もCTPTマーケティングの普及を目指し、
たくさんのマーケターの育成と中小企業の支援の拡大を行っていきます。
  


Posted by 増販増客 at 22:01Comments(0)徒然

2016年11月14日

上野三碑創作スイーツコンテスト

11月13日は高崎市吉井町の秋祭りで、「上野三碑創作スイーツコンテスト」の表彰式でした。



審査委員で参加しましたが、
プロ部門・一般部門を合わせて90点ほどのスイーツを試食して、審査するのはとても大変!




上野三碑は、7世紀から8世紀にかけての古代の石碑3基(多胡碑、山上碑(やまのうえひ)、金井沢碑)の総称で、
世界記憶遺産を目指して活動中です。

そのPRの一環としてコンテストを開催した訳ですが、
上野三碑というテーマでスイーツを作るというのはそう簡単なことではありません。

しかしながら、応募者の皆さんの独創的なアイデアで素晴らしい作品が揃いました。
この中から、地域を代表するスイーツとなって育っていただくことを期待します。
  


Posted by 増販増客 at 22:26Comments(0)徒然

2016年07月17日

コメダ珈琲のコンセプト

コメダ珈琲の人気は誰もが知るところですが、
コンセプトは「街のリビングルーム」だということです。

これで納得ですね。
漆喰をモチーフにした壁、天井の木材、本物の煉瓦、安定感のある温かみのある椅子、安定感のあるテーブル、微妙に目線が合わないパテーション・・・
ゆったりくつろいでもらう空間づくりに徹しているところが素晴らしいと言えます。

回転率は全く求めない、
その心地よさが、お客様を固定化させるのだと思います。

お客様をファンにさせる方法はまだまだあります。
コンセプトを明確にしてビジネスを行ってきましょう。  


Posted by 増販増客 at 23:45Comments(0)徒然

2016年06月06日

ブラタモリの伊勢神宮

今回のNHKの番組ブラタモリは、伊勢神宮が舞台でした。
改めて「式年遷宮」について紹介されていましたが、
伊勢神宮の社殿を新造して宮を遷す行事が1300年も続いていることに驚きを覚えると同時に、
20年に一度行われるこの行事の謎に引き込まれてしまいます。
しかし、この式年遷宮が、全国から多くの参拝者を詣でさせるきっかけとなる行事であり、
御師が全国にPRに出かけたということを知ると、
今の観光誘致と全く同じであったのだということが分かります。

まして、2013年の「式年遷宮」の年は、1000万人以上詣でたとなれば、
日本最大のイベントと言っても間違いないと思われます。

マーケティング的に考えると、
商品のリニューアルを通して注目度を高め、
広く集客して販売を促進し、ブランド力の向上を目指していくものであります。
そして同時に、組織の活性化を図っていくという、正に理想的なイベントにしています。

企業は30年と言われますが、
長い経営の中で必ず、オゴリやマンネリが生じてしまいます。

それらを排するためにも、
商品の革新を定期的に行っていくことが非常に重要なのだということを教えてくれました。  


Posted by 増販増客 at 00:16Comments(0)徒然

2016年05月08日

あるべき姿とは?

私は『ロードマップ』の作成をサポートする機会が多くあります。
目標がなく、まして計画が無い経営者が、
継続的な事業を続けることなど到底無理があるからです。

ロードマップとは、簡易に数年の計画が書ける優れものです。
数年先の「あるべき姿」を設定し、
そこに辿り着くための段階目標を設定し、
その段階目標を達成するための、仕組みと仕掛けをまとめるだけです。
この一枚のシートで、事業の道筋が見える化できるのです。

そのため、経営者にはよくロードマップを書いていただきますが、、
数年後確認すると、その多くがロードマップ通りに進んでいることに驚きを覚えます。
やはり、思い描くことが大切なのだと言う事が分かります。


今日、その「あるべき姿」について、
京セラの稲盛会長が述べた言葉が目に留まりましたので紹介します。
「あるべき姿」というのは「理想像」であると同時に具体的な目標です。
それも単一の目標ではありません。
受注・生産・売上・利益といった一つの数字を目標として掲げることも、
もちろんしなければなりませんが、それだけでは十分ではありません。
目に見える数値目標のみならず、
従業員のモラール、つまり士気や会社全体の風土といった側面もあるはずです。

と。

同感ですね。
あるべき姿について、再確認できました。
これで、さらに目標が現実のものとなります。  


Posted by 増販増客 at 00:25Comments(0)徒然

2016年04月30日

マーケティングとセリングの違い

ピーター・ドラッカーは、
「マーケティングの目的は販売を不要にすることだ」と断言しています。
では、マーケティングとセリングの違いとは何でしょうか。

セリングは「得して得取れ」、マーケティングは「損して得取れ」

セリングは「売り込む方法」、マーケティングは「売れる仕組みづくり」

セリングは「今日の糧」、マーケティングは「明日の糧」

セリングは「アクション中心」、「マーケティングは「分析力・創造力中心」

セリングは「日常業務的思考」、マーケティングは「戦略思考」

こう考えると、
やはり一般的には、セリングに走りがちな経営者が多いですね。
マーケティングは奥が深いです。  


Posted by 増販増客 at 22:23Comments(0)徒然