2009年12月25日

飲食店のマーケティング

今年最後の月例会は
クリスマスイヴの日に当たってしまいましたが
熱心な塾生達は
予定をキャンセルしながら
集合してくれました!
感謝!感謝!です。


さて内容はというと
株式会社リアルアンドシーズンズの今井社長をゲスト講師に招いて
「素人集団が分業制で勝つ」というテーマでお話いただきました。

今井社長が異業種から
そして自分で料理を作るわけでもないのに
飲食店の経営に参入した経緯を
熱く熱く語ってくれました。



飲食店の商品は
①立地
②施設
③料理
④サービス
です。

立地と施設は営業してしまえば
そう簡単に変えることはできません。
料理とサービスは環境の変化に対応することが可能です。

料理の工夫は必要ですが
今の時代
特別な料理はそうありません。

となると・・・・
やっぱり

最終的な勝負はサービスだと思うのです。


今日の話で
今井社長の経営も
「人づくり」
に力を入れているということが分かりました。

これが繁盛店の理由なんですね!

懇親会も盛り上がり、
クリスマスイヴの忙しい日に
約5時間貸し切りにface07

こんなに甘えさせていただき
これも感謝!

メリークリスマス!!  


Posted by 増販増客 at 21:00Comments(0)売上増のセミナー&勉強会

2009年12月23日

お礼状・お詫び状マーケティング

お礼状は、相手から受けた感謝の気持ちを表す手段として活用しますが、
営業的には、
名刺を交換したあとに、自分を印象付ける手段として利用します。

特に営業マンにとっては最低限のマナーで、
伝えたいメッセージを一言盛り込むことで、
次のアプローチがし易くなります。

もちろん継続的な関係を保つためにも必要なことです。

ところで、お礼状の重要性は誰もが知っていますが、
お詫び状になるといかがでしょうか。

お詫び状と言うとクレームが発生した時と思われるかも知れませんが、
そうではありません。

例えば、セミナーや展示会・販売会の開催後に、お礼ハガキを出すのは良くあることです。
しかしそれは、参加者や購入者に限ったお礼ハガキが殆どです。

セミナーや展示会・販売会のDMを、
送付したお客様のすべてを対象として、
開催後のハガキ(お礼・お詫び)を出すことをお勧めしています。

 非来場者・・・日程が合わなかったことへのお詫び。
 来場非購入者・・・来場したのに購入しなかったお客様には、品揃えの悪さ、サービスの悪さ、
         会場の雰囲気がよくなかった などの問題に対してのお詫び。
 参加者・購入者・・・一般的なお礼状を出すが、潜在的な不満をアンケート形式で聞き出すこと
         が重要。そして意見 に対するコメントを、お礼状に一筆盛り込むことで深い関係をつくる。

非来場者や非購入者に対してコミュニケーションすると、
次回開催時の誘客がスムーズになります。

来場者が開催ごとに増えて、売上げが倍増して行くという成果を収めている企業では、
このような地道なフォロー活動を行っているのです。


  


Posted by 増販増客 at 09:00Comments(1)増販増客のマーケティング

2009年12月10日

クリスマスイブ マーケティング

今年最後のマーケティング勉強会は、
何とクリスマスイブの日に当たってしまいました。

でも日程変更はせず、第4木曜日を守り続けます。

ということで、交流会&忘年会&クリスマスイブを兼ねて
特別ゲストをお招きしてのマーケティング勉強会です。

私が「飲食店業界の現状について」解説します。
ご期待下さい。
そして
ゲスト講師はこちらです。
http://takahashi.co.jp/zouhangetureikousiannai12.pdf

デフレの時代に生き抜く飲食店経営について学びましょう!
業種は違っても模倣するところはたくさんある筈です。

来年を勝ち抜くマーケティングの勉強会に集合!!  


Posted by 増販増客 at 13:00Comments(0)売上増のセミナー&勉強会