2010年01月28日

企画書

2010年最初の
群馬企画塾終了。

企画書作るための
テーマ設定の手順について説明しました。

専門的な企画書は別として
誰でも作れる
ワンシートの簡単な企画書(提案書の場合)のポイントは

現状分析
課題抽出
課題改善のための解決策(提案)
それによってもたらされる成果


をまとめれば
出来あがりです。

簡単なことですね。

でも
この精度が問題です。

また
慣れも必要ですよ。

何度も何度も
企画書制作に取り組んで
実践してみる!

これが大事です。

検証したら
また仮説を立てる・・・
この繰り返しです。

人生すべて企画です。

企画マンを目指して
ハッピーな人生を!  


Posted by 増販増客 at 22:00Comments(0)売上増のセミナー&勉強会

2010年01月27日

博物館・第2章

昨年、「群馬企画塾」の勉強会で好評だった
“伊香保おもちゃと人形自動車博物館”横田館長
ゲスト講師に招いてのセミナーを開催します。

☆詳細はこちら

http://www.takahashi.co.jp/gunma_marketing/ml/zyukusei2202seminar.pdf

今回は第2章になりますが、
さらに面白いお話が聞けそうです。

今回は、“税制改正速報”セミナーとのジョイントになります。
お申込みは、こちらでどうぞ!

http://www.takahashi.co.jp/gunma_marketing/ml/ippan220113seminar.pdf

  


Posted by 増販増客 at 21:00Comments(0)売上増のセミナー&勉強会

2010年01月18日

決断

まだまだ熱い人はいますね。
熱い人の話を聞きました。

その人は
株式会社フォーバルの大久保氏です。

ご存じの方は多いのでしょうが
恥ずかしながら
私は初めて知りました。

一言で言うと
通信業界を変えた人です。


1980年にビジネスホンのリース取引のビジネスモデルをつくり、
1987年には
今でこそ有名な
ソフトバンク孫正義氏と組んで
NCC-BOXを開発し
県外・市外通話料金を安くした人です。

事業成功の経緯は省略しますが
強い理念とミッションが
成功へ導いた事が分かります。


“新しいあたりまえ”をつくるのだと・・・。

今までの非常識が
常識に変わった時に
”新しいあたりまえ”になるのだと言うことです。

成功の秘訣は
“人が不便なことを解決してあげれば必ず成功する”と、
正に
顧客の視点で考えているということです。


成功している人には
必ず理由があります。

ここでも主役は
お客様です。  


Posted by 増販増客 at 21:00Comments(2)売上増のセミナー&勉強会

2010年01月09日

企画力

マーケティングとは
簡単に言うと
“売れる仕組み”づくりと言えます。

この売れる仕組みって?
どういうことかと言いますと

更に簡単に言うと
企画を立て
実践することです。

企画と言っても

人生企画
事業企画
商品企画
催事企画
キャンペーン企画
などなど

山ほどあります。


この企画の立て方が難しい・・・・
また
企画を立てても
絵に描いた餅になってしまう企画が
何と多いことか・・・・。

ということで

企画の立て方
そして
実践することを重点に置いた
セミナーを企画しました。

詳細はこちら
http://www.takahashi.co.jp/kikakujissennsemina.pdf
です。


経営者やビジネスリーダーなど
経営戦略を立てる人達には
必見です!!

2011年度
企画の学校
群馬校開設を目指して
本年1月より始動します。

群馬県で
企画力のある人材を
ぞくぞく輩出していきます。

企画人間集合!!
  


Posted by 増販増客 at 19:00Comments(2)売上増のセミナー&勉強会

2010年01月06日

意識改革

カンブリア宮殿で
小沢一郎氏が出演していました。
ご覧になった方も多いのでは・・・。

今の時代に通じるポイントを感じたため紹介します。

「政治家も意識改革が必要!」
高度成長時代は調整型で良かったが

“いいか悪いか”
“やるかやらないか”
どちらかはっきりする必要があると。

なるほど・・・。

「政治家は
個人の資質は重要だが
理解を得やすい人かどうかがもっと重要である」

なるほど・・・。



曖昧な商品は魅力がない!
いいものでも
支持を得られなければ
売れない!
のです。

正にマーケティングです。


選挙でも
勝つからには勝つ理由があります。

小沢一郎氏が徹底した選挙戦略は
「川上戦略」
人口の少ない
過疎の地域から
徹底して票を集めました。

選挙もマーケティング戦略があって
初めて勝ちに繋がります。

自社のビジネスに置き換えて
考えてみてはいかがでしょう。  


Posted by 増販増客 at 21:00Comments(0)マーケットウォッチ

2010年01月05日

デフレの時代

吉野家もいよいよ
80円値下げで
牛丼300円の販売を開始します。
1月11日~21日の期間限定ですが
他社の動きに影響を受けた結果だと思います。

ちなみに
すき家280円(50円値下げ)
松屋320円(60円値下げ)
です。

微妙に中間の価格設定を
してきた吉野家の勝敗が楽しみです。

ただ
確実に2店にシェアを奪われている
対抗策としての実施だと思いますが

対応が少し遅かったのと
期間限定が気になります。

リーダーであるがゆえに
独自性を強調しようと考えたりしますが
対応の遅れが
命取りになる事がよくあります。

リーダーの戦略として
追随してくるものに
チャンスを与えてはならないし
徹底的に排除していく必要があるからです。

自社が現在
どのポジションにいるのか確認した戦略って
重要です。
  


Posted by 増販増客 at 06:00Comments(0)マーケットウォッチ

2010年01月03日

脱・総合

イオンが「脱・総合」を宣言。

高度成長期に成長してきた
米国発の小売業態の“総合スーパー”が
すべて停滞しています。

何でもある事が
消費者のニーズを満たすことではなくなり
欲しいものがあるかどうかが重要になってきたと言えます。

ゆえに
“よろずや”的な総合スーパーの魅力は
失いつつあるのです


今は
バブル崩壊の1990年代以降成長してきた、
ユニクロ・ニトリなどの専門店が元気です。

私が経験した
バブルの時代の専門店は
ハウスマヌカンが流行り
デザイナーズブランドが流行り
高額商品が売れた
ブランド優先の時代です。

今の専門店は
低価格でありながら
個性的
良質な商品
です。

時代の変化で
消費者のニーズがどんどん変わります。
バブル後に消費者の心を捉えた企業が
今存続しています。

デフレの時代もまた同じです。
来年1・2年で勝つビジネスが
その後をリードしていくでしょう。

弱者が強者を追い越すチャンスがある時代!
誰にでもチャンスがある
面白い時代になるような気がします。
  


Posted by 増販増客 at 08:00Comments(0)マーケットウォッチ

2010年01月01日

顧客の創造

新年あけましておめでとうございます

新しい年が明けた途端に
悪い事はすべて忘れ去り
何となくいい時代が来たような錯覚をしますが
いいイメージを持つことは良しとしても
現実は何も変わっていませんので
しっかりと一年を見据えて
戦略を立てていくことをおすすめします。


ピータードラッガー氏は
“マーケティングは顧客の創造とイノベーションである”と主張しています。
まさに
今の時代にピッタリの言葉です。

顧客の創造とは
いつも期待以上のものを与えていこうとする気持ちを持つ
ことです。

“何をすれば良いか分からない”
という人がいますが
まず
①顧客の期待を整理し
②期待以上の事が何なのかを考え
③実行する

ことです。
必ず明るい未来が見えてくるはずです。

私は
マーケティングには
夢を現実にする
不思議な力があるという事を信じています。

マーケティングを通して
皆さんにとって輝かしい一年になることを
お祈りいたします。
  


Posted by 増販増客 at 09:00Comments(0)マーケットウォッチ